Sollet セルフGOXからの復旧方法【体験談】

  • SolletのセルフGOX復旧方法が分かる。
  • SolanaJapan専属エンジニアから聞いた方法。
  • 自分のウォレットの別アドレスに送金した場合の復旧方法。
  • 既存ウォレットは削除前提。
  • 試すのはすべて自己責任。

BBです。

この記事は
「Solletの別アドレスに仮想通貨を送金し、セルフGOXした場合の復旧方法」
を知りたい人向けです。

なので、
別人のアドレスに送付した場合は、復旧できません

あくまで
自分のウォレットです。

これは、
BB自身の体験談に基づいたものです。

おすすめの送金手順

まずは基本的(おすすめ)な送金手順から解説します。
知ってる方は読み飛ばして下さい。
後述しますが、ウォレット同士の送金はやめたほうが良いです。

BSC(バイナンススマートチェーン)とSolanaは、
そもそもプラットフォームが異なるのでウォレットが分かれています。
そこを理解しないとGOXします。

今回は、BSCからSolanaに来る方が多いと思うためBSCという表現です。
厳密にいうとEthereumとSolanaのプラットフォームが異なります。

最初にテスト送金は、絶対やった方が良いです。
特にSolanaはめちゃくちゃガス代が安いので、試さない方が損します。

日本の取引所からメタマスクへの送金手順

こちらの送金手順は、BSCのDeFiをやっている方にとっては
慣れているかもしれません。
ガス代はBNB

日本の取引所からSolletへの送金手順

Solanaは、FTX(取引所)を仲介してSolletに送付します。
ガス代はSOL

メタマスクからSolletへの送金手順

バイナンスとFTXの取引所同士を経由して送金します。
なお、SOLであればバイナンスから直接Solletへの送金が可能です。

セルフGOXの経緯

バイナンスからSOLをSolletに送金する際、
誤ってDeFiのLPトークンアドレスに送金してしまいました。
24SOL(約10万円)です。

ウォレットのアドレスは、1つだけなのでミスしにくいのですが
DeFiのLPトークンは、別アドレスでウォレット内に存在します。

トランザクションをみると

24SOLが送金処理はされているものの、ウォレットの残高は0でした。
アドレス内のプログラムには、格納されているが、
SOL専用のアドレスでないため表示されず、使用もできない状態でした。

セルフGOXは、基本的に戻らないと聞いていたので途方に暮れていました

しかし、
出来る限りの手は尽くそうと考え、SolanaJapanさんに連絡をとりました。

SolanaJapanさんは丁寧に対応して下さり
Solanaの日本人エンジニアであるRyoさんを紹介していただきました。

Ryoさんとテレグラムのやり取りを通じて
無事にウォレットに戻ってきたため、その復旧方法を説明します。

↓SolanaJapanさんの公式テレグラム

なお、送金ミスの対応は
送金元であるバイナンスではなく、送金先であるSolanaに相談しなくてはいけません。

バイナンスの送金ミスについては、下記HPに記載してます。

セルフGOXの復旧方法①

はじめる前に
ウォレット内の通貨を、すべてFTXの口座に移してください
既存のウォレットは捨てて、新しいものを作成することを前提としています。

DeFiのトークンを削除するため、使い続けたらどんなエラーが起こるか分かりません。
DeFiのLPトークンを解除しても、誤送金したアドレスは残っていました。

なお、ウォレットは捨てても、秘密鍵は控えておくことをおすすめします。
確定申告の際に使用するためです。

Chromeで復旧することを想定しています。

Solletを開いた画面で右クリック、「検証」をクリック。

①Consoleに

localStorage.setItem("warning-close-account", true)

と入力して下さい。

②入力すると「DELETE」が表示されます。

③「DELETE」をクリックすると、再度「DELETE」していいか問われますので
良ければ「DELETE」して下さい。

この手順でSOLが、正規のアドレスに戻りました。

後は、
新規のウォレットを作成したら、終わりです。

BBは、この方法でSOLが戻ってきましたが
今後、同じ方法で戻ってくることは保証できません
コード入力も自己責任となります。

ですが
巨額の資金をGOXしている場合は
諦めるよりも試す価値があると思います。

ウォレット同士の送金(2021年5月5日更新)

ウォレット同士の送金は、やめたほうが良いです。

  • メタマスクからSolletへは、送金できない
    • セルフGOXします。
  • Solletからメタマスクへの送金は可能だが、ガス代が高くメタマスク側で処理が必要
    • セルフGOXしたという事例も報告されている。

メタマスクからSolletへの送金は不可能

メタマスクからSolletは、プラットフォームが異なるため、送金は不可能
現在、メタマスクはSPL規格へのコンバートは対応していない。

Solletからメタマスクへの送金は可能(非推奨)

SolletにERC20の送付タブがあり、
メタマスクと接続させれば送金が可能(ERC20規格変換)ですが
やめたほうが良い!

Solletとメタマスク(ERC20)を接続

BBはテストで1USDCを送金しました。
トランザクションはされましたが、何日経っても入金されなかったです。

BBが送金した時のTweet↓

公式のHPをみるとSolletはERC20のコンバートに対応していると記載しています↓

ですが、入金されていません。

どういった対応をしたら良いか
Solletを管理している公式(SERUM)に問い合わせしました。

↓SERUM公式のDISCORD(すべて英語です)

セルフGOXの復旧方法②

通常だと受信側ではなく、送信側にガス代がかかりますがSolletは逆です。

Solletからメタマスクに送金するときは、メタマスク側でガス代がかかります。

おそらくプラットフォームが異なる(ERC規格とSPL規格)からだと思います。

公式(SERUM)に聞いた手順を解説します。

ブラウザは、Chromeを前提として話をすすめます。
(BBの基本ブラウザはFirefoxなのですが、Firefoxではなぜかできませんでした。)

1.メタマスクにETHを入金(目安は0.015ETH→ガス代としてかかります)。
2.メタマスクからSolletの接続を切る。
2.ブラウザの更新。
3.Solletとメタマスクを接続→メタマスク側で下記ポップアップが表示される。

4.表示のガス代がメタマスクに入っていれば「確認」が押せます。
5.「高速化」をクリック

6.送金された通貨がメタマスクに送金(反映)されます。

ウォレット同士の送金は、ガス代が約5,000円(ETH換算)かかっています。
Solanaはガス代が安いことが特徴なのに、もったいなさすぎます。
変な手間もかかるし。
一度、FTXの取引所を経由するのが最も良い方法です。

最後に

紳士に対応して頂けたSolanaJapanさんとRyoさんには、大変感謝しております。

特にブロックチェーン事業の最前線で働いている日本人(Ryoさん)は珍しいので
貴重な体験となりました。
多くの時間を割いて頂いたので、”お礼”をさせていただきました。

BBのこの記事で
多くのGOXされた方が救われることと
SolanaJapanさんとRyoさんの負担が軽減できれば幸いです。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました