セミリタイア後の生活費【1ヶ月、1年間】

結論
・セミリタイアするには、1ヶ月16万円強必要、1年間280万円強必要


  • セミリタイアをするためには、セミリタイア後の生活費(支出額)を把握することが肝心です。
  • 1ヶ月の生活費1年間の生活費を分けて算出することが重要です。
  • セミリタイアした直後の生活費と将来(10~20年後)の生活費を考えることも重要です。
  • 将来は増税、病気、負債の相続等があり、よりリスク(生活費増)が高まるからです。
  • 税金や保険は、勤務先が補助や補填をしていたため、忘れることが多いです。
  • 最初に生活費を把握してから、セミリタイアするタイミング(資金状況)を図りましょう。

BBの生活費(支出額)をまとめました。

セミリタイアする人の状況

属性状況
性別
年齢30代
生活圏地方(そこそこ田舎)
住居実家の離れで暮らす
年収約500万円
飲酒・喫煙なし
借金・ローンなし
配偶者なし
資産1,000万以上資産運用
病気・アレルギー花粉症
両親・親戚の状態両親共に健康・年金暮らし、親戚とは別居

第1に現在の状況をしっかり把握すべき。
飲酒・喫煙、結婚・子供でかなり支出が異なります。

BBの状況においては、普通というか、恵まれている方だと自覚しています。
家族間の人間関係は良好です。
少ないですが友達もいます。
悩みは仕事がつまらないことです。

セミリタイア後、1ヶ月の生活費

大項目 項目 支出額 概要 将来支出額
生活費 食費 20,000 外食費も含む 40,000
家賃 40,000 実家暮らし(親にわたす)
光熱・水道費 上記に含む 15,000
保険医療費 500 医療費・医薬品の購入費 10,000
通信費 7,150 スマホ、ネット回線 7,150
交通費 4,500 ガソリン代 4,500
交際費 5,000 ゲーム、カラオケ、等 5,000
洋服・靴代 3,000 主に下着類 3,000
理美容費 3,500 散髪、化粧水、サプリ 1,500
雑費 5,000 組合費、試作費、等 10,000
自己投資 15,000 書籍、ジム、会員費 15,000
税金 国民年金 16,340 消耗品の補充など 16,340
国民健康保険 14,000 保険はこれのみ 14,000
住民税(市・県) 15,800 自治体により異なる 15,800
合計 164,769 10%税込み(将来は12%) 188,748

セミリタイア後、15年間の1ヶ月の生活費

  • 示しているのが、左から3列目の「支出額」
  • 生活費は、最低でも16万円強必要
  • 実家ぐらしなので家賃は必要ないですが、約4万円両親に渡しています(仮りに一人ぐらいでもこの程度)
  • 田舎なので、自動車が必須です
  • 交際費は削れそうですが、セミリタイアすると人との関わりが少なくなるため、削りません
  • 雑費の試作費は、自己啓発や投資関係でちょっと試したい時に使用します
  • 社会人1年目から、なんらかの自己投資をしてきて後悔がなかったため、ちょっと高額(1万5千円)
  • 税金が高すぎますが、年金は保険の役割をするため、しっかり払います
  • セミリタイア後の約15年間は、消費税が上がらないことを想定しています

セミリタイア後、15年後の1ヶ月の生活費

  • 示しているのが、1番右の列の「将来支出額」
  • 生活費は、最低でも18万円弱必要
  • 実家を引き継ぐ予定なので、家賃は0円です
  • 現在は持病はないですが、15年後はなんらかの”故障”を抱えている可能性が高いので保険医療費を上げています
  • 雑費が高くなるのは、予期せぬ出費を想定しています
  • 2035~2040年ぐらいに増税されることを想定してます(消費税12%)

セミリタイア後、1年間の生活費

大項目 項目 支出額 概要 将来支出額
生活費 生活費+税金 1,977,228 1ヶ月×12 2,113,978
特別費 車検 120,000 2年に1回 90,000
自動車税 39,500 自治体で異なる 25,000
自動車保険 70,000 楽天損保 50,000
ドメイン・サーバー 11,000 ブログ・サイト作成に必須 11,000
電子機器関係 100,000 PC、スマホ、家電等の買い替え 100,000
人間ドック 10,000 健康診断でも良い 15,000
固定資産税 家屋、土地、農地 100,000
投資 iDeCo 120,000 1万円×12ヶ月 120,000
つみたてNISA 400,000 NISA枠の上限 400,000
合計 2,847,728 10%税込み(将来は12%) 3,024,978

セミリタイア後、15年間の1年間の生活費

  • 示しているのが、左から3列目の「支出額」
  • 生活費は、最低でも280万円強必要
  • 特別費は、年に1度必ず発生する費用のことです
  • 自動車の維持費が高すぎますが、田舎で暮らす以上仕方がないです
  • パソコン、スマホ、冷蔵庫、洗濯機、クーラー等が、毎年どれかしら壊れるため買い替えます(10万円)
    iDeCoは、個人事業主であれば最大816,000円/年(68,000円/月)できますが、そこまで投資できるか不明なため120,000円/年に留めます
  • つみたてNISAへの投資額をiDeCoにまわすか検討中です(iDeCoは所得控除があり有利)

セミリタイア後、15年後の1年間の生活費

  • 示しているのが、1番右の列の「将来支出額」
  • 生活費は、最低でも300万円強必要
  • 家と土地を相続する以上忘れてはならないのが、固定資産税です(10万円)
  • 家の修理費・修繕費が発生しそうですが、10年ほど前にリフォームしたため計上しません
  • 実家には住まずに貸し出すことを検討中です。

セミリタイア後、生活費まとめ

セミリタイア直後・15年後1ヶ月・1年間生活費(支出額)
セミリタイア直後15年間1ヶ月16万円強
セミリタイアから15年後1ヶ月18万円弱
セミリタイア直後15年間1年間280万円強
セミリタイアから15年後1年間300万円強
備考)実家暮らし、自家用車有りの場合

2000万貯めてセミリタイアしようと考えていますが、投資による資産形成では、約14%のリターンを得なければいけません。
安定した14%のリターンは不可能なため、何らかの利益を得る手段が必要となります。


⇩生活費(支出費)算出エクセル

コメント

タイトルとURLをコピーしました